fc2ブログ

紅白梅 −2

紅梅

DSC_0011_20240315054212623.jpg

白梅

DSC_0057.jpg

ある癌との闘病記


ある有名作家の肺癌との闘病記を読んだ。半年余りの記録だが人間の生きることへの執着、作家としての書くことへの執着、闘病中の医者や病院や家族や周囲からの支援や関わり、、その気持ちを無惨に打ち砕いていく癌という病気の恐ろしさ、、それが短い文章で生々しく描かれていた。

今まで第一線で骨身を削って活躍してこられてある日の会合を終えて帰宅して突然に具合が悪くなって、肺癌と診断され、しかもレベル3B ~レベル4。ここから癌との戦いが始まり、抗がん治療と体力とのせめぎ合い、、もう無理じゃないかと思われるレベルまで治療が続けられた。

当初は癌と診断されながらも仕事への意欲は強く本人の意識もしっかりしている。それが徐々に食事ができなくなり、体力がなくなって行き、最後にははっきりした意識も朦朧として行き発見から半年後に亡くなられた記録を本人と奥様が書き留められている。

癌ってこういうものかとつくづく怖くなった。オイラの友人知人もほぼ癌で亡くなっているが、それでも早い段階で発見された人は治療との戦いの末今でも元気に普通に生きている。何が起きるかわからないが、癌に限らず病気を背負わない日常生活と予防、早い段階での病気の発見と治療が不可欠なんだな〜。


コメント

こんにちは

癌は怖いですよ
癌と聞いただけで、ほとんど人は
死んだみたいに意気消沈してしまいます

私も末期癌ですが手術もしなければ、抗がん剤もしないで、元気もりもりです

癌に立ち向かうのでしたら、西洋医学と
東洋医学両方ですれば、いいのです

皆さんかた一法だけでするからだめになります
私は余命宣告されてから5年たちますが
元気もりもりです

山田さん

こんばんは〜

そうなんだ。素晴らしい。そういう話を聞くと救われる気持ちがする。西洋医学と東洋医学にはそれぞれに良いところがあるから良いコンビネーションで取り組むのは納得がいく。温泉療法とか気力で改善できたという話も聞く。克服できた話を聞かせてもらうのも力になるかもしれない。
元気もりもりで頑張ってね。

No title

私も胃がん経験者です。胃の2/3以上を取りまして、その影響で自律神経が不安定です。癌は早期発見すれば大丈夫です。年に一回の健康診断をおすすめします。

zubolaさん

そうなんだ。オイラの友人も60歳前に胃がんになり、回復して80歳の今も元気に生活している。早期発見のためには年1回の健康診断は重要だよね。これからもお元気に。

病との闘い

おはようございます。今朝はことのほか眼に鼻に厳しい春らしさです。スギよりヒノキに反応する私はこれからが花粉症の本番で、ドキドキしています。亡父は胃癌と診断されましたが、糖尿病が持病でしたし、最後は心臓につづく血管が非常に細くなっていたそうですから死因は複合的でした。以前知人が「癌は今や二人に一人がなる時代だからたいしたことない」と言うのを聞いて、その方とは距離を保つようになりました。“たいしたことない”はいささか・・・。

BUSYBEE-GAEI さん

「癌は今や二人に一人がなる時代」「人類の知は癌をほぼ克服した」という話を聞くけど、そいうマクロの話よりも一人一人の命や心の戦いがどんなものかというミクロの話が救いをもたらすと思う。
我が父は心臓につづく血管が非常に細くなって、本人は「俺はいく時はころっと逝く」と言って、結果その通り90歳で逝った。明治生まれの爺さんは82歳で逝くまで仕事をしタバコを吸ってた。倒れて10日も経たずに逝った。
非公開コメント

プロフィール

CHIBI

Author:CHIBI
East Villageの"CHIBI"ニャン ♂。8/20 '08キックオフ。縄張り:日本ー米ー独。大切:長年の友、カメラ、 MAC、 テニスラケット、山登り-旅行-散歩用靴や鞄、車やMTB、コーヒーミル、落語、飲み食べる事、(写真暗室道具、ゴルフクラブとはお別れ)。訪問、コメント、リンクもね〜。

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード