fc2ブログ

ナイルという名の薔薇だったと思う・・

ナイル川は白ナイルと青ナイルが合流し6690kmを流れ地中海に注ぐ

DSC_0029.jpg

豊昇龍が初優勝、大関昇進も確実に


大相撲名古屋場所は昨日千秋楽を迎えたくさんのドラマがあった。1番の大きいニュースは豊昇龍が初優勝を飾り、しかも3場所10勝以上で合計33勝ラインをクリアし大関昇進を手中にしたことだろう。優勝に一番近いと言われる力士が日々目まぐるしく変わり、大関昇進に一番近いという関脇も日々目まぐるしく変わった場所を遂に制したのだ。

横綱、大関が休場のスタートで少しがっかりだったが途中から大関霧島がケガを押して出場。千秋楽で勝ち越しをかけて同じく怪我で途中休場し千秋楽で勝ち越しをかけた前頭4枚目、朝乃山と対戦。朝乃山が豪快に大関を投げ飛ばし勝ち越し。結果、大関霧島は負け越しでいきなり角番となった。一方、朝乃山は休場開け後全勝でかろうじて勝ち越した。

優勝をかけた北勝富士との取り組みで勝利をおさめ、あの強面の豊昇龍の目にも涙が溢れていた。それもそのはず、名古屋場所での初優勝と3場所33勝越えで大関昇進を同時に確実にしたわけで、こんな大勝負は相撲人生の中でもそうあるものではない。そのプレッシャーを跳ね除けて勝ったのだ。やはり最後は精神的な強さで自分に勝つことがものを言う。

オイラは豊昇龍のファンではないけどあっぱれといいたい。オイラが今一番気にかかる力士は朝乃山だがなんとか勝ち越してよかった。これからも一層自分との戦いに精進してほしい。コロナ間に不祥事はあったが豊昇龍とともに横綱に最も近い力士じゃないかと思ってる。


コメント

No title

こんにちは、

豊昇龍の優勝で名古屋場所を終えましたが、
多分彼は大関から横綱へと昇り詰めていくでしょう。

朝乃山も近いうちに大関返り咲きは間違いないでしょうから楽しみですね。

照ノ富士も貴景勝もそう長くはないでしょうから、
少なくとも安心して見られる横綱・大関が早く誕生して欲しいですね。

楽しみな力士伯桜鵬は下半身の筋肉もリッパですし何より若いので楽しみです。

豊昇龍は叔父さんそっくりで伯桜鵬の師匠は元白鵬、
代理相撲とまでは言いませんが何となく私の中では引っかかってます~笑

No title

団塊世代の私 巨人 大鵬 卵焼き を標榜する私。相撲は大好きです。しかし最近の力士の巨漢たるや ひと昔の力士と比べれば一目瞭然です。そのせいか怪我で苦しむ力士の多さが気になります。年6場所という興行も影響しているのか・・・栃若時代の相撲を見ると か細くさえ見えます。大関昇進のニュースは明るい話題ですが 大関に定着する力士がいないこと。元大関が前頭で負け越し。新大関には頑張って大関の権威を高めてもらいたいですね。

MINAさん

こんばんは〜

全くその通り。横綱、大関は不動の番付と言えるくらいのものだけどね〜。最近は大関まで上り詰めると急に弱くなって星を取りこぼしてしまう。それで一旦下がると上がってこれない。そこに行くとモンゴル出身の関取は大関まで行くと横綱まで行くケースが多い。どこに差があるんだろうね。でも朝乃山は期待大だけどね。

伯桜鵬初め新入幕組の3人、力がありそう。新時代が開けそうな気がしてるのだが、、。

kitchenplaza さん

そうだね〜。最近の関取は巨漢揃いだ。豊昇龍、若隆景、若元春など小さく見える。千秋楽で翆富士が北青鵬と相撲をとった時、身長差31cm、体重差60kg。そして小兵翆富士が勝ったのは痛快だった。
なぜか日本の大関は大関になった途端に弱くなる。ケガをしたり星を取りこぼして角番の末陥落すると戻れないケースが多い。モンゴル出身の力士は大関になると横綱になるケースが多いけどね。どこが違うんだろう?

ラベンダー色の薔薇

こんばんは。「ナイル」ですか。
美しい色とスタイルの薔薇ですね。

ナイル川といえば、アガサクリスティ
を思い出します。いろんな俳優さんが、
名探偵ポワロを演じましたが、私は、
茶目っ気のあるデヴィッド・スーシェ
が一番好きです。

BUSYBEE-GAEI さん

世界最長の川ナイルで河口地帯にナイル文明を作った。アガサクリスティー、もデビッドスーシェもイギリス人だけど、イギリスの作る映画って面白い。この前見た「生きる」by Ishiguroもオリジナル日本人で今はイギリス人。
デビッドスーシェは芸幅が広いね。「ムッソリーニ/愛と闘争の日々」なんてのもある。

元大関乱造時代

 新しい力士の台頭は喜ばしい事ではあるのだが、しかし大関が長続きしない。先場所大関になった力士が次の場所ではカド番、下手すると二場所で陥落とかざらである。今、各界には何人の現役元大関力士がいるだろう。そう考えると今の昇進基準は間違えている気がしないでもない。
 ここから先は単なる妄想で前述と矛盾する部分もあるが、取組の仕組みを改訂すべきだと思う。
 上位16人を三役座として総当たりで優勝を決めるのだ。そこで優勝した人が翌場所の横綱。そして在位は一場所限り。翌場所優勝できなければ即陥落。勿論引退はする必要はない。
 更にその下に前頭上座16人、前頭下座16人、十両上座下座と言う具合に置き、それぞれ下位と上位の六人を入れ替える。サッカーの一部二部みたいなもんだが、取り組みも仕組みもシンプルである。
 今の訳の分からない取組ルールは改めた方が良い。

miss.keyさん

日本の古典的なスポーツや芸能は古いしきたり理に囲まれ不透明でもある。しかもそこは一般人にはオフリミットな領域のような空気が流れているのは確か。
まあ、取り組みはどのように決められるのかはわからないね〜。勝負を面白くしようと言う観点はあるにはあるんだろうけど。人間だからたまには情というのも入り込むだろうな〜。
日本の大関はなった途端に弱くなるような気もしている。逆にモンゴルの大関はそのうち横綱になる。
非公開コメント

プロフィール

CHIBI

Author:CHIBI
East Villageの"CHIBI"ニャン ♂。8/20 '08キックオフ。縄張り:日本ー米ー独。大切:長年の友、カメラ、 MAC、 テニスラケット、山登り-旅行-散歩用靴や鞄、車やMTB、コーヒーミル、落語、飲み食べる事、(写真暗室道具、ゴルフクラブとはお別れ)。訪問、コメント、リンクもね〜。

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード