fc2ブログ

爬虫類、トカゲ、、かな。

蜥蜴、石竜子、確かもっと難しい漢字もあった。好き嫌い幅は大きい。

DSC_0194.jpg

言葉


言葉って時代で変化していくし、土地で変わるし、大人と子供でも言い方は違うし、職業でも同じ言葉も変化する。なかなか奥の深いものだと思う。

ほんの一例だが、、

いか・・
干すとスルメ、スルメは漢字にすると「寿留女」で縁起の良さそうな感じがするから祝い事にスルメを送ったりする。逆にスルという言葉を嫌う世界では「当たり目」という。落語ではよく「当たり目」などと出てくる。

酒・・
落語では「酒=笹=ささ」とも言う。同じ酒でも土地によっても言い方が変わる。大阪では「柳かげ」江戸では「なおし」。仏門では隠語で「般若湯」ともいう。

おから・・
「卯の花」のことだが豆腐のように切らないから「きらず」ともいう。漢字で書くと「雪花菜」。豆腐屋でおからが美味しいと言ったら主人からウチは豆腐屋だと言って怒られたと言う話もある。

ねぎま・・
今は焼き鳥の「葱鮪」は有名だが、ネギの緑の部分と鮪のトロの部分を入れた鍋のことを言った。鮪のトロは今は高級で値も張るが江戸時代は「猫またぎ」と言って猫も跨いで通過すると言われ、せいぜい鍋にしか出来ない代物だとされていた。

などなど、、他にも「てんしき」などがあるが、、知る人ぞ知るかな。


コメント

魚>゜)彡 ><【うを】
もともとは【うを】と呼んでいたのだが、よく酒の肴にしていたから【さかな】とも呼ぶ様になったとかなんとか。

ちょっと趣旨が外れるが「紅葉」「桜」「牡丹」「月夜」等々、さて何でしょう。日本人のあくなき食欲は獣食を禁じた世にあっても止める事は出来なかったのであります。人々は止められようが叱られようが、風雅な呼び名に差し替えて、甘美なひと時を楽しんだのでありましょう。

miss.keyさん

鹿、馬、豬、熊?(蟹、茸、烏?)月夜は?だね。
食欲は生命存続の基本中の基本の一つだからね。

言葉は生きもの

おはようございます。時代と共に変化する言葉。
今は誤った敬語と言われる「ら抜き」や「サ入れ」も、
近い将来“市民権”を得るかもしれませんね。

正解

「紅葉」鹿
「桜」馬
「牡丹」猪。山鯨とも言う
「月夜」兎。兎、何見て跳ねる♪
ちなみに鶏は「柏」、鴨は「銀杏」と言うらしい。

言葉のお話。
知らなかった事も多く
勉強になりました(*^^*)✨

でも 
こうやって見ると
日本語って 
難しいなと思う反面
深くて 面白いなぁ…とも。
愛すべき言語やと 
あらためて
思いました(〃ω〃)

写真のトカゲさん。
爬虫類系は 苦手ですが
お花🌼と一緒に
写ってる姿は
なんだか可愛らしくて
ここでは
「石竜子」という漢字が
似合ってるなぁ〜
なんて 思いながら
見てました(*´ω`*)❤️

USYBEE-GAEIさん

「食べれる」と「読まさせてください」は「食べられる」と「読ませてください」。
尊敬語や謙譲語は丁寧なつもりで使っても間違ってたりすることも多い。
「ぜんぜんあってる」「ぜんぜん違う」、、。前者は短縮してるのかな?軽薄短小化の方向?

miss.key さん

そうか「月夜」はやっぱり兎か〜。直感的には「兎」ときたんだけど。兎を好んで食べる国や人もいるし。蟹や蕈や烏にも月夜ののつくものがある。でもジビエに入りそうなのは烏?、、それはないよね。
鴨の銀杏も知らなかった。

みけさん

「石竜子」ってよく表してると思う。ドイツでも葡萄畑に行くとこんな石竜子が石垣の上をやたら歩いてる。大きいのから小さいのまで。
花と石竜子の位置に高低差があるから花のピントはずいぶん外れてるけどね。すぐに感度を高くして被写界深度を深くすればいいんだけど、その間に逃げられてしまったら撮れないしね。
爬虫類が可愛いと言って触るのも平気な人もいるけど、オイラもやや苦手。
非公開コメント

プロフィール

CHIBI

Author:CHIBI
East Villageの"CHIBI"ニャン ♂。8/20 '08キックオフ。縄張り:日本ー米ー独。大切:長年の友、カメラ、 MAC、 テニスラケット、山登り-旅行-散歩用靴や鞄、車やMTB、コーヒーミル、落語、飲み食べる事、(写真暗室道具、ゴルフクラブとはお別れ)。訪問、コメント、リンクもね〜。

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード