fc2ブログ

懸崖作りいろいろ ー新宿御苑菊花壇展

野菊が断崖の岩間から垂れ下がって咲いてる様を模して、、

DSC_0014.jpg

「一橋桐子の犯罪日記」


NHKの土曜ドラマ「一橋桐子の犯罪日記」がほのぼのして面白かった。全5回の各1時間ドラマだった。夜10時から始まるのでオイラは毎回HDD録画して翌日以降に空いてる時間を利用して欠かさず見た。原作は原田ひ香の長編小説である。あらすじ設定は以下。

「主人公・一橋桐子(松坂慶子)は、哀しみの淵に沈んでいた。年金とパートの収入で暮らしも楽ではない中、唯一の希望であった親友が病で亡くなり、毎日が突然、空虚な日々となったのだ。このままだと自分は孤独死してしまうのでは――生きていくことの困難さが、桐子の心を絞り上げていく。 そんな時、テレビで見たある逮捕者の「世の中に未練はなかった。刑務所に入りたくてやった」という供述に心奪われた桐子は、終の住みかを“刑務所”に設定。「できるだけ人に迷惑をかけずに捕まる道」を模索し始める――。」

こんな設定で毎回いろんな出来事が起きる分けだが、すっかりそれらしきふくよかな体型になった主人公・松坂慶子さん(76歳設定)の演技がほのぼのしてて、見てうるちにこちらがすっかり優しい気持ちになれたのである。年齢が3〜4周りも違う若い人(パチンコ店員、プロサーファー志願学生)ともすっかり友達になって、、。

結局、一橋桐子はいろんな問題にぶち当たりながらも人々が抱える色んな問題を解決し幸せのきっかけをばばらまいていく。数々の出来事を通じてすっかり信頼もされ、友人もできて、かっての親友の田舎で新い人生を前向きに再スタートし始める。NHKって娯楽番組制作は素晴らしいけどな〜。



コメント

造形の美

おはようございます。こういう手の加え方はいつ頃からだろう?と検索したら、大正、明治どころか、「五節句」のひとつとして江戸時代から脈々と。庭の設え、籠花のアレンジ、今は洋風全盛ですが、たまにはじっくり「和」の代表選手を眺めて回るのもいいですね。

BUSYBEE-GAEI さん

おはよう〜

江戸時代って色んな文化が花開いてる。食文化も芝居も落語も、、。江戸の大火で火消しも役人だけでなく町民自衛団も活発になった。古いものでも江戸時代にに花開いたものが多いね。
バラにもいろいろある作りなどと違って菊の作りはすごく几帳面だし、こんなたくさんの花を1本の株から作り、同じような大きさの花を同時に咲かせる、、苦心が多そう。

おはようございます

まさに身に染みる話ですね

ゆっくり菊を鑑賞できる気分になりたいです

おはようございます。

面白そうですねー。
録画もしませんでしたが、NHKプラスで、再放送が、みられるかな?
見られたら、見てみます。(笑)

山田さん

おはよう〜

その辺にありふれた話で暗くなりそう。だけど、一般的には人はなかなか悪になれない。
話が上手く出来すぎてるとも思うけど、こんなふうにできたらいいなとも思う。

G&Gさん

こんにちは〜

現実によくある話で社会的にも問題は多いけど、見終わった後、なんか前向きになれるんではと思わせる内容。見れたら見てね。
非公開コメント

プロフィール

CHIBI

Author:CHIBI
East Villageの"CHIBI"ニャン ♂。8/20 '08キックオフ。縄張り:日本ー米ー独。大切:長年の友、カメラ、 MAC、 テニスラケット、山登り-旅行-散歩用靴や鞄、車やMTB、コーヒーミル、落語、飲み食べる事、(写真暗室道具、ゴルフクラブとはお別れ)。訪問、コメント、リンクもね〜。

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード