fc2ブログ

ハナキササゲの花(ノウゼンカズラ科)

明治・大正時代に産地(北米)より輸入された

hanakisasage blogDSC_0024

「地図で読むアメリカ」


2020年4月に朝日新聞出版より発刊の本である。オイラの馴染みのある場所を読もうと思って読み始めたが面白くなり全ページ最初から読み直している。カリフォルニア州の北〜南カリフォルニア、ネバダ州、アリゾナ州、オレゴン州、ワシントン州、アラスカ州、ニューヨーク州、ニュージャージー州、イリノイ州と進み、最初からニューイングランドの6州へと進んでいる。

ジェームス・M・バーダマン/森本豊富 著者で、アメリカ50州の地図を10の異なる文化圏に分け、それぞれのルーツ、地形、経済、産業、政治、雇用、人種(エスニック集団)、宗教、高齢化、出生率などの特性をデータをもとに、現代アメリカの姿を地図とともに描いている。そのアメリカへの日本人の関わり様も新世界をめざした世界の人々の一つとして書かれている。

この本を読むとアメリカに何故前大統領トランプのような破天荒とも思われる大統領が誕生するのかも分かる気もする。アメリカをこのように10区分してそこに住む人々の傾向を読んだり、連邦政府と州政府のあり方なども読んで行くと中央集権国家的な国で生活してる日本人にもいくらかアメリカ独自の国のありようが理解出来る。

例えば西部劇で有名なアウトウエストのワイオミング州やモンタナ州のモンタナ州などは土地は日本全土より少し広いのに人口は100万人余り、人口密度は2人、日本人口1億2千万人以上、人口密度350人余の国とは随分違う。映画「シェーン」は大好きな映画の一つだが1953年リリースで南北戦争後のワイオミング州を舞台に描かれた物である。


コメント

こんにちは。

お久しぶりです。
ハナキササゲって、初めて見ました。
ノウゼンカズラ科なんですね。
ノウゼンカズラは、よく見ますけどね。(笑)

G&Gさん

おひさしぶり〜。

今はノウゼンカズラがあちこちで大きく垂れ下がって橙色の花を咲かせてるよね。
これは普通に大きな樹で満開になって咲いていた。珍しので案内の看板を読んだらノウゼンカズラ科で北米から来たと。花菖蒲を撮りにいった時に見つけたおまけ。

アメリカよ、その手抜きの形はなんだ!

 地図は好きなので幾ら見てても飽きません。が、アメリカの州区分には一言言わずば収まらんですな。なんだ、そのてけとーな州境は!!こんなんで良いやとばかりの投げ遣りな線引きは!!詰らん。基本が間に合わせで引いたみたいな緯度経度の直線で、ワイオミング州に至っては完全に四角!(実際は緯度線がたわんでいるのではありますが)。どうせ砂漠と山ばっかだからと卓上の片手間で決めたんだろうが、もうちょっと何とかならんかったのか。と思ったが、考えてみれば、ある意味此処迄突き詰めた「奇妙な」形の国なんて世界中どこ探したって他に無いよなぁ。強いて言うならカナダのサスカチュワン位(でも微妙にずれてる)かな。

miss.keyさん

新世界アメリカの歴史・・といってもその前から先住民は当然いたわけで何処とも同じ様に長〜い歴史があるわけだけどね。先住民は土地の所有に拘っていなかったが、英国を逃れて最初にアメリカに上陸した人間たち、先住民をないがしろにしフランス、スペインも新世界を舞台に争って支配地域を決めたがその後いろいろあって独立宣言。その後長い間をかけて、世界中から人が集まり国のあり様は今もどんどん変わって来ている。言うなれば地図の直線そのものもも歴史を感じさせる。カナダのサスカチュワン???知らない。ちょっと調べてみるか。
非公開コメント

プロフィール

CHIBI

Author:CHIBI
East Villageの"CHIBI"ニャン ♂。8/20 '08キックオフ。縄張り:日本ー米ー独。大切:長年の友、カメラ、 MAC、 テニスラケット、山登り-旅行-散歩用靴や鞄、車やMTB、コーヒーミル、落語、飲み食べる事、(写真暗室道具、ゴルフクラブとはお別れ)。訪問、コメント、リンクもね〜。

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード