fc2ブログ

コデマリの一房

風が吹くと踊る様にゆらゆら揺れる

kodemari blogDSC_0010

酒井雄哉さんの「愛蔵版、一日一生」


先日図書館で酒井雄哉さんの「愛蔵版、一日一生」という本を偶然に見付けて借りて来た。もう大分前、2017年に出版されたものだ。師は2013年9月25日に満87才を迎えられて間もなく亡くなられたので、その4年後の出版になる。2008年に「一日一生」、なくなられた翌年2014年に「続一日一生」が出版され、その後の出版物だ。

「酒井 雄哉さんは、天台宗の僧侶で比叡山延暦寺の千日回峰行を2度満行した行者として知られる。天台宗北嶺大行満大阿闍梨、大僧正、比叡山一山 飯室谷不動堂長寿院住職を務められた。」天台宗は鑑真が最初に中国から日本にもたらし、本格的には804年に最澄が入唐して学び、翌年帰朝して比叡山延暦寺を中心に広めたものであると言われる。

昨日は真っ青な空に太陽燦々の明るい天気だったが風が強かった。天気がいい時はスーパー横の小さな遊園地にある快適なベンチでコーヒーを飲みながら本を読むんだけど、昨日は風が強すぎて止めて少し離れたマック迄歩いた。100ページ読み200ページ迄進んだ。店はがら空きで静かでとてもいい読書環境だった。

師の激動の一生からその道に入り悟りを開いて行く過程がさりげなく平易な文章で書かれていて理解し易い。が、その一生の体験と学びと実戦は並大抵の事ではないと分かる。オイラの祖先は浄土真宗だくらいでオイラは宗教とは関わりが薄い。でも、心の中にある得体の知れない大きな何か、宇宙、自然、周囲に守られているという事には感謝している。



コメント

2度も満行

「比叡山延暦寺の千日回峰行を2度満行した行者」さんがいらっしゃるという事実に驚きました。煩悩120%の私には「悟り」がなかなかイメージできないのですが、「分相応」に暮すことを心がけていれば、最期にみじめに終わることもなかろうと思っていました。今はコロナで、「予定説」さえひっくり返りそうな気がします。

BUSYBEE-GAEI さん

満行は織田信長の頃から50人、2度の満行はたったの3人らしい。「悟り」には結局たどり着けないのではと思ってる。ああだこうだとぶれながら近づけてもね。結局分からない。「予定説」も時々信じたくなる、、まあ、なるようにしかならない。ただ感謝あるのみなのかもしれない。

ふわっと、

お早うございます、
もうひと昔以上前になります 飯室谷不動堂へ
唯 拝顔に 友人と ふわっと 温もりの方 でした
何か と 問われ 皆 苦悩を抱えての相談なのにと
恥ずかしくでした、現すことが困難な 方 にお会い出来得た 感謝です。

umi925さん

おはよう〜。
酒井雄哉さんに実際に合われたんだね。すばらしい。この堂は比叡山延暦寺の5大堂の一つだね。
オイラはお会いした事がないけど、想像で「ふわりと温もりの方」という表現がピッタリの様な気がする。写真で見る限りではゆったりにこやかで何でも包み込んでくれる温もり優しさを感じる。
非公開コメント

プロフィール

CHIBI

Author:CHIBI
East Villageの"CHIBI"ニャン ♂。8/20 '08キックオフ。縄張り:日本ー米ー独。大切:長年の友、カメラ、 MAC、 テニスラケット、山登り-旅行-散歩用靴や鞄、車やMTB、コーヒーミル、落語、飲み食べる事、(写真暗室道具、ゴルフクラブとはお別れ)。訪問、コメント、リンクもね〜。

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード