生まれて消える波

波 ー消えて

wave2 blog_DSC1922

波 ーまた生まれる

wave1 blog_DSC1918


食中毒

毎年,特に夏のこの時期に必ず聞こえてくるのが食中毒。ポテトサラダとか焼肉でO−157が原因の激しい食中毒症状で病院に担ぎ込まれると言う物騒な話が報道されている。命にも関わりそうな恐ろしい話である。

サラダについては何が原因でO−157が消費者の口に入ったかは未だ不明であるが製造から消費者の口に入るまではいろんな長きに渡る行程をたどっているようである。その間に何処かで菌が入り、何処かで増殖し、複数の店経由でOー157が消費者の口に届けられたんだろう。

配送の冷凍車の温度管理、二〜三次加工工程、調理器具、食品展示ケース、、、何が問題だったのか、、系列3店の複数の店頭経由と言うところも気にかかる。それに他の店では問題が起きていないが大丈夫だったんだろうか。

このようなニュースを聞くと、サラダの様な和え物を買って食べる時は行程が短い出来立てのものを食べた方がいいし、出来ればホームメイドで、その場合も調理器具は何時も清潔に保つ事が大切だと思った。焼き肉はよく管理されたものをしっかり火を通した方が安全だし、トングや取り箸の使い分けも大切だ。ハンバーグなどは特に中までよく火が通した方が安心だ。

それと何よりも自分自身の体力、免疫力を高めておく事だろうニャ〜。










コメント

人手が入れば入るほど。。。

こんばんは。
だいぶ前ですが、貝割れ大根が食中毒の犯人にされた事件がありましたが、その後、裁判で国側が敗訴しました。原因究明が難しい点が難題ですね。
アメリカではほうれん草が原因の0157食中毒事件が数(10?ほど)年前にありましたが、その時は、農場の側の牧場に飼われていた牛の糞から、ほうれん草に入ったと云う経路だったと記憶します。この時も原因が良く分からなくてかなり迷走しましたが、生でほうれん草を食べる習慣のあるアメリカでは大問題でした。(サラダ用に用意された生野菜を洗わないでそのまま皿へ移す人も多いですから)
今回も原因はまだ100%解明されていないようですが、外食には色々と注意しないといけない点がありますね。
一番大事なのは、体調を整えておくことですが、、、

yokoblueplanetさん

体に大切な食生活、楽しい食事をするためにも産地〜テーブルができるだけ短い方が良いね。アメリカには都市部でもそれに特化したレストランは増えてるのかニャ?
菌の増殖は秒単位だろうし、よく洗う事も大事。
何よりはねつける事が出来る自分自身の体調管理が大切かもね!

No title

夏の食中毒はよくある話ですが身近な食品での
O−157は怖いですね!

同じ物を食べても食中毒にならない
体調管理が一番大事なんでしょうね?

Catさん

そう、それが何より一番大切だと思う。体に悪いものはすべてはねのけて何にも負けない体がほしい〜。
オイラは胃腸など内蔵は強い方かもしれないけど、今や炎天下のテニスですら後半ばててしまうしね。これじゃ〜もうダメだニャ。
非公開コメント

プロフィール

CHIBI

Author:CHIBI
East Villageの"CHIBI"ニャン ♂。8/20 '08キックオフ。縄張り:日本ー米ー独。大切:長年の友、カメラ、 MAC、 テニスラケット、山登り-旅行-散歩用靴や鞄、車やMTB、コーヒーミル、落語、飲み食べる事、(写真暗室道具、ゴルフクラブとはお別れ)。訪問、コメント、リンクもね〜。

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード