草間弥生 我が永遠の魂展

草間弥生 我が永遠の魂展

Kusama exhibit blog_DSC1375


草間弥生さん

草間弥生さんの「我が永遠の魂」展を見に乃木坂の国立新美術館に行って来た。草間さんは確かこの3月22日で誕生日を迎えられ88歳になられたと思う。88歳にしてあの目力、バイタリティーに溢れる創作意欲には驚きと尊敬を感じずにはいられない。今にしてなお「今まではプロセスでこれが出発点。これからも命の限り人類が踏み込んでいない新しい世界を開拓したい。」とおっしゃる。

入場していきなり度肝を抜かれた。「混じりけのないピュアな色と心で描かれた太陽と富士山、青い空と海と大地そこに描かれた何軒かの家」。暫くの間見とれてしまった。感動を憶えて会場に入場すると大きなプールのような部屋の4片の壁一面に約2m角の大作が130点、びっしりと貼られている。真ん中のスペースには極彩色の花のオブジェが数カ所。とても見応えのあるしかも楽しい「我が永遠の魂」展となっていた。

草間さんの絵は生と死、愛と平和、生物と人類、マイクロオーガニズム〜宇宙、、、を極彩色で描くと同時に現代社会の現時点の世相にも鋭い目を向けておられる。それらが前衛的な描写を通して本当にピュアーに訴求されているのが理解出来る。これが画家や絵描きや大人だけでなく小さな子供からバギーカーを押す家族まで誰でも楽しめるように描かれている。会場は外国の方も沢山おられた。

作品は初期、16年間のニューヨーク時代、帰国後、21世紀作品とあり、スライド上映もある。これらを通して今88歳の草間さんの更なる「未来」が見えてくるようである。





コメント

残念!

こんばんは。
稀勢の里の怪我は大丈夫でしょうか?
好事魔多し、的な所もあるでしょうか。
行事続きでしたから、辛い所もありますね。。。

今日の主題の草間さん、日本滞在中にTVのコマーシャルを見て考え込んでしまった一瞬が、確か、自分が死んでも忘れないでほしい、と云ったようなコメント:しっかり見ていたわけではないので、記憶違いがあるかも知れませんが、良くも悪くも凄い魂の声ですね。。。
「太陽の塔」の太郎さんは何と評価するか、尋ねてみたい気もします!

yokoblueplanetさん

稀勢の里は怪我を押して出るらしい。状況判断はいざとなれば本人しか分からないけど、出るなら負けても良いから無理をするなと言いたい。後100mで頂上アタック成功でも撤退すべき時もあるってのは山で教えられた。
草間さんの話を聞いた事もないけど、絵は文句なくいい。俺が良ければOK的な怪しげで戦争の匂いもする今の世界だからこそメッセージが伝わって来る。岡本さんや山下さんとも似て、また似ていない。精神の安定を求める叫びでもあるのかニャ。

No title

日本人とはちょっと違った感性の持ち主草間弥生さんですが
88歳とは驚きです^^;

ここにきたらきっと皆さん原色の色と模様に
度肝を抜かれる事でしょうね♪

catさん

色も絵も面白くて子供たちがとても喜んでいたニャ〜。
オイラは絵のタイトルが非常に分かり易かった。一杯あったけど特に富士山と太陽とカボチャの印象が凄く強かったね。

No title

なんというか、圧倒される造形ですね

てかとさん

絵も造形も人間が来た故郷が見えるようで懐かしくなるようなものが多かった。ピュアでストレートでね。色もとても綺麗でパワフルだね。

No title

草間さん大好きですよ〜
15〜6年ぐらい前になるかなあ…
その辺の記憶が薄らいでいますが、深夜遅くフジTVのアート番組で草間さんの特集を見て衝撃を受けて以来、彼女の突き抜けたポップさが大好きです。

carmencさん

草間さんは88歳にしてなおクリエーティブな未来を見つめる目を持っておられ、平和を求め、現代社会への警鐘を鳴らしておられる。突き抜けるようなポップな絵の中に生死、感情、全ての生き物〜宇宙までの広がりの中で自分の考えをイメージ化してるニャ〜。
非公開コメント

プロフィール

CHIBI

Author:CHIBI
East Villageの"CHIBI"ニャン ♂。8/20 '08キックオフ。縄張り:日本ー米ー独。大切:長年の友、カメラ、 MAC、 テニスラケット、山登り-旅行-散歩用靴や鞄、車やMTB、コーヒーミル、落語、飲み食べる事、(写真暗室道具、ゴルフクラブとはお別れ)。訪問、コメント、リンクもね〜。

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード