窓のある風景

NW23rd Ave.のブティックの窓

wndow1 blog

Ken's Artisan Cafe の窓

window2 blog_DSC8614


印象派絵画展鑑賞

展示期間が終りそうな印象派絵画展を見に新宿の損保ジャパンまで行った。ここにはゴッホ、ルノアール、ゴーギャンの絵が各1枚何時も展示されてるが、ゴッホの「ひまわり」は何時見ても完璧で見入ってしまう。

昨日は1800年代後半〜1900年代初めの作品中心だが、何点か好きなのがあって絵画の芸術性にあらためて感動を憶えた。縁に雪が残る川一杯に流れる黒い水の表面の動きや波紋、緑の野原に立つ若い女性のしなやかさと白いドレスの光や模様、後から見た裸婦の腰から股、足への柔らかな形と流れ、、、それを感じ見事に描く才能、、やはり皆ただ者ではない。

印象派の絵画は日本人好みと言われるがオイラもその中の一人。何時見ても感動するし、写真を撮るにも得るものが多い。細かい事は分からないが感動を覚え記憶に残るものも多い。オイラは解説などは読まずに何度か見て気に入ったのがあればそれで満足。でも、解説などは必ず読ませてもらい自分との感じ方の違いなども気にする。また、ハッと気づかされる事も多い。

昨日も最後にまたゴッホ「ひまわり」を見入った。37歳で生涯を閉じ、10年間で2000点も描いたこの狂気の人は私生活では決して幸せだったとは言えない。短い生涯で何を見て感じ考えたのか興味が尽きない。





theme : 街の風景
genre : 写真

comment

Secret

No title

素敵な窓ですね!
木々の影が映ってる!
2枚目は樹木を見ながらお茶出来ますね〜

新宿にお出かけ?精力的ですね。
昔、安田火災にひまわりありましたよね〜
未だ行ってないですけど
裸婦の曲線は美しい〜
ルノアールの光を感じる肌の色彩が見事で官能的でもありますね。
そう、私も目の前にした作品に心が動かされる!それがいい。説明はいらないです。あとで何かの機会にそれに関しての文に触れることがあって、そう言うことかと理解が深まることもありますが。

carmencさん

いずれもNW23rd Ave.での撮影なんだニャ。
その安田火災のひまわりが今は損保ジャパンにある。
詳しい訳じゃないけど、結構絵を見るのが好きでね。チケットを無駄にしないようにと急いで行って来た。外国での絵画展は写真撮影も出来るので撮るんだけど、本物の色の深みは写せない。お土産の印刷物も買わずに本物を記憶に留める努力をする。
プロフィール

CHIBI

Author:CHIBI
East Villageの"CHIBI"ニャン10歳, ♂。8/20 '08キックオフ。日本ー米ー独が縄張り。大切なものは長年の友、カメラ、 MAC、 テニスラケット、山登り-旅行-散歩用靴や鞄、車やMTB、コーヒーミル。写真暗室道具、ゴルフクラブとは涙でお別れ。飲み食べる事、落語、コメントや 拍手やリンクもグ〜!

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード