FC2ブログ

からす

この烏君おいらと目と鼻の先とまでは行かないけど、直ぐ近くで大きな声で何度も鳴く。烏は黒くて大きくて雑食性でいたずらもするし、鳴き声は不吉といわれたりする。でも賢く芸をする烏もいる。所謂可愛い鳥ではない。でも近くで見ると結構可愛くて何を言ってるのか聞いてみたい気もする。

Crow1 blog DSC_0160

五重塔のずーっと上の方の欄干の端に止まって辺りをうかがっているこの烏君は、鳴きもせず、あっちを向いたりこっちを向いたり。長ーいレンズで撮ったけど青空バックにシルエットだけ、、。

Crow2 blog DSC_0166

コメント

No title

2枚目のシルエットの写真、惹かれますね・・。

WebのStuttgartの写真、拝見しました。
全体の色調も、日本ともアメリカとも違う、独特だな~って思いながら観てましたが・・特に空の色がすごい独特!一枚一枚みてるので、一回ではとても観きれないです。いままで気づいてなかったページにも気がついてみせてもらってました(ねこさんが居た(*^-^*))。なんかCHIBIさんの写真みてるとしーんと心が落ち着きます。そういう時間は私にとってはすごく大事です。

No title

こんにちは!
良い表情のカラス君!?が撮れましたね~
今にも耳を澄ませば声が聞こえてくる感じです。

東京はカラス城と言われみんなは嫌っていますが、うちのもんじろうが窓際ごしに会話しているのを見てから、カー君が来たよ~ともんじろうに友達の様に呼ぶようになってから愛らしく感じはじめました。

No title

カラスの濡れ羽色って言うけど、毛並みは真っ黒で本当に綺麗だよね、でもあまりにも近くでなき声を聴くと怖いね迫力満点だもの。ここは鳩もいっぱいいたねすずめも負けずと泣いていたけど、烏には負けるね。
木木はたくさんあるけど餌は足りているのかな?。

No title

1枚目のお写真カラスと親しくなれましたね~
おかしくなってしまいました。
毎日のように見ているカラスですがこんな表情を見たのは初めてです(クスリ)

No title

カラスの顔、すごくいいですネ♪
鬼太郎の乗り物とか、頭がよすぎるとか、
光るものがダイスキだとか色々言われるカラスですが、
神様の御遣いですよね。
下のカラス君は足が3本あったりして☆

はじめまして

はじめまして

カラスは賢いのにあの真っ黒な姿から気味悪がられますよね。姿より賢いところが怖いのかもしれないですね。

以前ベランダで近くの屋根に止まっていた鳩に
冗談で鳴き真似をして話しかけたら私のいるベランダの
手すりに飛んできたことがあって、間近で見ると結構びびります(^^;)

また遊びに伺いますね

ころりんさん

色調、匂い、表情とか国ごとに違うよね。ハイデザートで見る色は原色、湿度が高くなると色も穏やかに。環境で色に対する感覚的な基準が変わるんだよね。空港ごとに匂いも違う。昔、シカゴからニューヨークに行ったとき、ニューヨーカーの表情は明らかにシカゴアンとは違ってた。音や発音や訛も自然環境がつくる?

CLEANERSさん

可愛いもんじろうくん、元気にしてる?カー君とどんな話をしてたのかな?
東京には最近烏が増えたのかな?大きくて黒くて賢いから人間も時々隙をつかれて悪戯されるんだよね。
この大きな声で鳴いている烏君、長く付き合ってみると結構、剽軽でいいやつかもしれない。

mibokofさん

外国の人は日本人の綺麗にすいた直毛のピカピカした黒髪をとても綺麗っていうよね。これって烏の濡れ羽色?おいら金髪を見るととても綺麗って思うけど、ない物欲しさかな?髪の毛もケミカルでピンクや緑や紫までいろいろ楽しんでる時代だけど、手入れされた黒も綺麗だよね。
烏の声近くで聞くと結構大きくて迫力あるねー。

白蝶さん

おはようございます。
烏って割と擬人化しやすい鳥じゃないかなーって思う。雑食性で悪知恵も働くし、、。悪戯好きで時々間抜けで、剽軽で、、。可愛いかもしれない。
すぐそばで大きい声で何度も鳴くけど何を言ってくれてたのか、、?

マヤミさん

烏が近くで大きな声で何度も鳴いてくれたんだ。
大きな口を開けて鳴いてる瞬間だから、体にもちょっと力が入ってる。
烏はいろんな表現のされ方をするけど、きっと、昔からいつも人間に近い所にいたんだよね。日本では古来、熊野の神の使いとされているとか、、。

emiさん

はじめまして。CHIBIです。
コメント有り難うございます。
そうだよね。近くに来ると結構大きくて、嘴も大きくて、鳴くと又大きな声だし。ちょっとびびるかもね、、。でも怖がらないで、じーっと見つめてあげると向こうも少し照れたりするかもしれない。意外にもね。

No title

カラスってよく見ると可愛い顔をしてるなあって思ったことあります。
目が無邪気な個体がたまにいるんですよね。
今住んでいるところでは、あまり見かけないのですが。

ところで↓の雛のことですけれど、私もCHIBIさんと同じようにしたと思います。
というか去年ちょっと似た状況で、イエスズメの雛が迷い込んできたんです。
家の中に入り込んできたり、草むらで寝込んでしまってたり色々ハプニングが
あったけど、結局親鳥にうまく連れられていったんじゃないかと思います。
ブログにコメント寄せてくれた方たちも同じ様なご意見くださいました。
仏心を出して、家の中に入れちゃったりすると、親元に戻れなくなってしまう
こともあるみたい。取りあえず猫に狙われないように注意したCHIBIさんの判断は
大正解だったと思います。
CHIBIさんの所にやって来た雛も、ハッピーエンドだったと思いますよ♪
長くなってゴメンナサイ!

binbirdさん

binbirdさん、嬉しいコメント頂いてありがとー。
おいらは不安ながらに小鳥の親子が必ず何とかすると思ってその場を離れたんだ。後で覗いてみて親子ともいなくなってたから、ハッピーエンドを願って、又信じていた。おいら、今何だかホッとしてる。
非公開コメント

プロフィール

CHIBI

Author:CHIBI
East Villageの"CHIBI"ニャン ♂。8/20 '08キックオフ。縄張り:日本ー米ー独。大切:長年の友、カメラ、 MAC、 テニスラケット、山登り-旅行-散歩用靴や鞄、車やMTB、コーヒーミル、落語、飲み食べる事、(写真暗室道具、ゴルフクラブとはお別れ)。訪問、コメント、リンクもね〜。

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード