FC2ブログ

アプリコット・キャンディーとい薔薇

これから秋薔薇のシーズンだけど、、(見れるかな〜?)

Apricot_Candy_blog_DSC_0084.jpg

ポールを使って筋膜リリース ストレッチ


3日前に33℃を記録したその翌日から急に肌寒くなって昨日はパジャマもとうとう長袖のに変えた。寝具もタオルケットから薄い夏がけ布団に変えて正解だった。もうエアコンなしで熟睡出来る季節に入ったと思っていいのだろうか、、。猛暑続きの夏からあまりにも急な変化でビックリだ。この先も最高気温27℃位、最低気温20℃未満の日が続くようである。

昨日はジムのスタジオでポールを使った筋膜はがしを中心にストレッチを約1時間やって来た。ほぼ全身取組んだが特に臀部〜足全般と背中〜肩〜腕〜脇下、特に下半身中心に取組んだ。やってる最中は何てこともなく気持良いのだが、終わってから帰宅してランチ後の休憩が終わった当たりからあちこちがじんじんして疲れ?と言うか痛みがドット出て来る。

その後の夕方散歩に行くのがちょっと気が進まないくらいだが、買物の用事もあったので出掛けた。案の定足全般が痛い。それでもゆっくり歩いて往復3500歩。さっさと家に帰り一休みして日本酒を飲みながらTVで大相撲を観戦という事になった。

夕食後しばらくして眠さもマックスになり、夜9時にはバタンキュウで朝まで熟睡だった。驚いたことに昨日の足の痛みはどこへやら今朝は下半身だけでなく全身がすっきりして体調万全である。筋膜リリースストレッチが効いたのだろうか?ここんところ毎週やってるが何時もこんな感じである。筋膜リリースの効果についてチェックしたい気になっている。


ローズガーデンの景色

木々の緑や緑の芝に囲まれたバラ

Washington_P.jpg

土用のうなぎ


昨日は実に20日?21日?ぶりにやっと雨が降らなかった日になって、朝から青空の晴天だった。伊豆の方はかなり雨が降ったらしいがオイラの街は一日快晴だった。気分も晴れ晴れする。3ー4日転がってたスイカに早速包丁を入れて食べた。包丁を入れる瞬間が実にワクワクする。そして扇形に食べ易いサイズに切って食べた。甘くて冷たくて水分豊富で美味しかった。

こんな暑い日は散歩も気をつけなきゃいけないけど、朝の太陽の下での散歩は金で体内にビタミンDを生成してくれるし、良質の睡眠を可能にしてくれる。朝のルーティーンを終わらせて30〜40分の散歩を楽しんだ。日中は外に出なくて済む。後は夕食後に散歩かな?

そして19日は土用。久しぶりに鰻を食べた。といっても予め注文しておいたうな重弁当を食べたのだが、宮崎の鰻がタレのついたご飯の上にしっかりと乗っていてとても美味しかった。一頃よりも鰻は買い求め易くなったと言ってもまだ国産養殖物で一つ2000円位はする。以前はこれを買って家でフライパンで酒蒸しにしてほたほたにしタレを付けてうな重を作ってたけどね。

鰻はやっぱり美味しい。二人で鰻屋さんで食べると1万円札に羽根がついて飛んで行ってしまう。それでもたまには鰻屋さんのも食べてみたいニャ〜。昨日は鰻屋さんも繁盛しただろう。今度3蜜を避けながら電車に乗ってでも何処かに食べに行こうと思った。


ブルーナイルと言う名の薔薇

蕾から花の咲く過程の色の変化が好きだ

Blue_Nile_B_web_DSC_0131.jpg

2020年7月13日(火曜日)と言う日


今日はアメリカ・オレゴンでビジネスをしてる娘夫婦にとって大切な日だ。今迄の基幹店を引っ越さざるを得なくなり新しい店を街道沿いにオープンさせる日である。サンフランシス・サンブルーノで50坪の小さな店からスタートさせて今年で22年事業は続いてるが、その基幹店はオールドダウンタウンに今は300坪の店舗になり広い駐車場も隣接させていた。

最近オレゴン州はアメリカで最も住みたいNO1の州になり、サンフランシスコだけじゃなく全米から人が集まって来ている。おかげで街は車が増え渋滞も増え、住宅の需要が一気に高まっている。今借りている店舗もビルのオーナーがそれをスクラップしてコンドミニアムかアパートにしたという事になり、いろんな条件も出て引っ越す事になった。

独立してビジネスをスタートした時は若かったが今やすっかり中年世代となり、ここに来ての基幹店の引っ越し&オープンは大変な事だ。新型コロナ騒動でアメリカも大変だがお陰さまでビジネスはそこそこ堅調に推移しているようだし、従業員も定着している。どんな展開がなされてくのかこれからの頑張りと幸運を心から祈りたい。

今は独立して事業展開をするのが段々難しい時代になって来てるけど、コンピューター時代の到来とともにメールオーダーからオンラインショップにいち早く切り替えて来た。店舗も充実させて地域サービスと全米対象のビジネスを出来るのもプラス進んだロジスティックがあってこそだ。これからも上手く流れに乗れる事が大事だ。変化も多いだろうが頑張ってほしい。


力強いゴールドカラーの薔薇(Yellow Freurett)

梅雨にもCOVID-19 にも負けなさそう

Yellow_FreuretteDSC_0040.jpg

ハスラー・2


映画「ハスラー・2」を見た。1961年作の「ハスラー」に続く何と25年ぶりの続編「ハスラー・2」で劇場公開は1986年の暮れ。だから今から34年前の作品となる。主役のポールニューマンは「ハスラー・2」での実年齢は61才だから第1作の時は36才。で、ダブル主演(といっても良いと思うが)トムクルーズは24才と言う若さ。これだけでも見応えがある。

24才のトムクルーズ、身体の動きが切れ切れだ。若くて細くて全身バネの様なシャープな動きであのマスク。世間が放っておくわけがない。すでに名実共に素晴らしい俳優になっている。ポールニューマンは2008年に83才で亡くなってるが生きてれば95才過ぎである。第一作の方はほとんどストーリーを忘れてるので是非近い内にまた見てみたい。あのすごい2昼夜?に渡る激闘とその後をもう一度詳しく見てみたい。

古い映画は良い。オイラが年取ったせいかもしれないが、やっぱり映画は光り輝く娯楽産業の花形だった時代だ。かけるお金も違うし、監督もスタッフも役者も選りすぐりの優秀な人材の集まりだ。今はエンターテインメントもスポーツも楽しめるものが沢山あって国際化し多様化してるけど、当時は何でも集中した時代だったと言える。

アメリカに「リメンバー」という雑誌があった。今はどうなってるか、、?オイラは「リメンバー」というなの名画座で往年の名画を上映してくれる映画館が欲しい。アメリカだけじゃなくイタリア、フランスにも名作が沢山あった。それがかなわぬならNHKBSだけじゃなく民放でもそんなプログラムがほしいが、、。


冬の薔薇

年末の薔薇だけど寒いのにいい雰囲気で咲いてる

Winter Rose blogDSC_0005

ノヴァクジョコビッチの本


「ジョコビッチの生まれ変わる食事 あなたの人生を激変させる14日間プログラム」
と言う本を遅ればせながら念入りに読んでみた。この本は以前から有名になっており多くのアスリートばかりでなく一般人にも大きな影響を与えた本である。書評を読んだが最初から終わり迄熱心に読んだのは初めてだった。

ジョコビッチ氏はセルビア生まれのプロテニスプレイヤーの第一人者だ。フェデラー、ナダルと並んで世界の男子プロテニスプレイヤーの3大巨頭の一人だが絶好調の時は本当に誰も手が付けられないくらい強い。あの長身の細い身体がしなやかに最大限に伸びる選手だから守備力が抜きんじていてどんな球も拾って逆襲に繋ぐ。それにピンチ、逆境に強いし5時間を超える長時間戦も制する強いメンタリティーを持ってる。

あの強靭な身体と精神力は何処からくるのかと前々から興味を持っていた。この本を読んでいくらか分かった様な気がする。彼がまだ子供の頃のセルビアを取り巻く戦火の歴史、政治体制、環境、家族、生い立ち、テニスに対する人一倍強い気持、プロテニスプレイヤーになってから極限状態で出るグルテン不耐症などに真摯に取組み克服して来たヒストリーの中から今のジョコビッチがある。

セルビアは小さな国で昔はユーゴスラビアと言う共産圏国の一部だった。かってのその国が今はセルビアとボスニアヘルツエゴビナになって政治体制も変わっている。一昨年、その近くのギリシアのクレタ島に旅行したがあの小さな国からよくもあんなすごい選手が出て来たものだ。本の中ではオイラが気にしてる「マインドフルネス」にも触れられてたニャ〜。


プロフィール

CHIBI

Author:CHIBI
East Villageの"CHIBI"ニャン ♂。8/20 '08キックオフ。縄張り:日本ー米ー独。大切:長年の友、カメラ、 MAC、 テニスラケット、山登り-旅行-散歩用靴や鞄、車やMTB、コーヒーミル、落語、飲み食べる事、(写真暗室道具、ゴルフクラブとはお別れ)。訪問、コメント、リンクもね〜。

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード