朝の四柱神社 ー松本

朝の四柱神社 ー松本

Yotsuhashira shrine blog_DSC2492 

テニス、調子が戻った理由は?


晴天で暖かで無風でまさにテニス日和であった。こういう日を逃す訳にはいかない。11時頃だったが出かけることにした。

実は日曜日にジムのスタジオでバレーストレッチやトレッドミルをやって何時もと違う筋痛を感じてた。と言うのは何時もの先生が定期公演で休みで臨時講師の女性インストラクターがこられたのだが、かなりハードなトレーニングで、しかも何時もと違うプログラムだったせいである。

味の素が出してるアミノ酸5000を飲んでのんびりやらせてもらおうと思ったが、段々にエンジンがかかり熱中してる自分がいた。しかもここのところあまり調子が良くなかったが、昨日はとても調子良かった。好天で体も温まって汗をかき筋痛も感じなくなったせいもある。

終わった後も何時もほど疲れも感じなかった。何故か理由は分からないが、前日のストレッチのせい?アミノ酸5000のせい?整骨院の先生から勧められた足の内転筋トレーニングのせい?整形の先生からもらった筋肉を柔らかくし痛みを取る薬のせい?何が良かったか今の所理由は分からないが、今日も肩も膝も痛みを感じない。

とりあえず薬以外のストレッチと足の内転筋トレーニングと栄養(サプリ含む)は続けてみよう。勿論充分な休養もね。




松本城の古本屋さん

ビルの狭間の松本城のような古本屋さん

book store blog_DSC2495 

「アクトダンス」定期公演鑑賞


オイラのバレーストレッチの先生の第8回目の定期公演があったので見に行った。23日から26日まで4日間、1日2回公演で日暮里dー倉庫で行われている。主催者は神 高睦さんで30歳代前半のチャレンジ精神旺盛なバリバリの現役ダンサーである。

10代の時から欧米でも劇団員として活躍された方だが「自分の見た事のない物を創って感動する事」を求めて20代から頭の片隅にあった「芝居でもダンスでもないナニカ」に今一度挑戦したいと劇団を立ち上げられ、「舞踏演出」「アクトダンス」に取組んでおられる。

「ミュージカル」「シアターダンス」「キャラクターダンス」でもないもので、ダンサー個として、役者同様に役柄を持って出演され、踊りで言葉に置き換えて表現され共演する役者さんと対話しながら感動的なドラマを完結すると言うものである。

確かに表現とは言葉だけじゃないし、言葉にならない感情だって沢山あるし、空虚な言葉もあれば奥深い言葉もある。目や態度や仕草で言葉以上の表現をされる方もおられる。ダンスパフオーマンスで話す、、、確かに金メタルを取る様な選手のパフォーマンスには言葉以上の感動があるしね。

今回の公演はなかなかいい出来映えだったと思う。ダンスは勿論素晴らしかったが、「アクトダンス」の試みが理解出来た気がする。100分の公演が短く感じたし終演後の観客の拍手も熱がこもってた。ますますの頑張りお期待したい。



シンメトリー松本城

シンメトリー松本城 ーアングル1

symmetry Castle blog_DSC2504 

シンメトリー松本城 ーアングル2

Matsumotojou blog_DSC2507 

勤労感謝の休養日


昨日は勤労感謝の祝日だったがオイラのように既に勤労してない人も休養日と言う事でのんびりする事にした。サンデー毎日の人には土日、祝祭日のありがたみが薄らぐ、と言うよりは逆に余りそういう日には出かけない事と自分自身に言い聞かせるくらいだ。ただでさえ混んでる日本、時差通勤じゃないけど、若い家族や若者にその環境や時間を譲り、オイラは近所で静かに、、と思ってる。

今週はオイラも忙しく昨日初めて何の用もないのんびりした時間を過ごした。そして、とりあえず、3日前に酒を飲み好き放題食べて増えた体重をもとに戻し、午前中は雨だったしゆっくり焦らずにルーティンワークを終わらせ、近所を1時間半ほど散歩し、HDD録画済みの「陸王」を見た。静かで良い祭日だった。

ところでTBSのTVドラマ「陸王」はなかなか面白い。ストーリーもどきどきはらはらする場面もあるし、俳優さん女優さんも役所さん、寺尾さんのベテランに山崎賢人君、竹内涼真君ら、阿川さん、檀さん、かしまし娘の正司照枝さん、ピエール滝さんなどなかなかの好演なのである。85分間があっという間だった。次の第6話も楽しみである。

数日前の寒波も何とか去ってくれて昨日の午後からは比較的穏やかな普通の11月の日に戻ってくれて良かった。11月も後1週間で終わり。とうとうせわしい師走がやってくるニャ〜。




旧道で見た小さな神社

旧道で見た小さな神社 ー鳴門

shrine blog


高校野球が終わって・・

今年も例年のように夏の甲子園,高校野球を毎日見てしまった。開幕が雨で一日遅れ,途中でも雨で試合が出来なかった日もあったが8日から23日の15日間で埼玉県加須市にある花咲徳栄高校の優勝で幕を閉じた。両チームとも途中ハラハラする様な接戦をくぐり抜けて決勝で対戦し、得点差こそ14対4の大差の勝負だったが名門広島広陵高校も最後まで頑張った。

両チームとも負けじ魂と覇気と言うか勝負に執拗なガッツのあるチームだったが決勝戦では花咲徳栄にそれが一際目立った。どの選手も伸び伸びと自由で攻撃的な目が輝き気迫が感じられた。それを裏打ちするような特訓を通じて育まれた精神力も技術力もあったのだろう。打撃力が並外れていたでけでなくエラーも無かった。

昨日新聞で花咲徳栄の監督の談話を読んだ。流石に素晴らしい監督だと感銘を憶えた。専門、専門外に関わらず学ぶところは誰からでも学び、隙のない厳しい練習を重ね、選手それぞれの個性を生かし自信をつけさせ、自立自主性を重んじ選手を信じて待つ姿勢。勿論監督として試合中の采配はきめ細かく選手同様一生懸命だった。

やはり良い指導者に恵まれた選手達は幸せだ。埼玉県に初の高校野球優勝の栄冠をもたらすにはそれなりの理由がちゃんとあったんだニャ〜。








大塚美術館

ゆっくり見れる広大な展示スペース

Otsuka Museum2 blog _DSC2090

展示スペースへの長いエスカレーター

Otsuka Museum1 blog_DSC2115


梅雨

5月の夏のような暑い、だけど湿度の低い快適な日々が過ぎて、6月は少し気温は下がり湿度の高いいわゆる梅雨空っぽい日が続くようになった。昨日は一日雨で今朝も今にも雨が降りそうでやや寒い。花菖蒲が咲きそろい紫陽花も青やピンクや白の花(額)を咲かせている。今年も例年のように梅雨のシーズンがやって来た。

近くの農家の方は今年は雨が少なくて野菜に影響が出そうと言っていたが、そういう意味では恵みの雨だ。やっぱり雨が降る時には雨が必要なんだ。田圃には田植えが終わって苗が綺麗に直線上にそろって水が満々と満たされている。そしてオタマジャクシがカエルになって夜ともなるとやがてカエルの大合唱が始まる。

こんな天気が1ヶ月半前後。梅雨の晴れ間は夏のように暑くて湿度の高い日も時々あるが、全体としては基本、曇りか雨で少し寒い日も続く。今年の梅雨はどんな梅雨になるのか、、空梅雨?それとも大雨も降って水害も出るような梅雨?あっ、ところで気象庁は関東の梅雨入りを発表したんだっけ?ここんところ新聞もTVもあまり見てなかったニャ〜。

まあ、オイラの中では梅雨は始まった事にしておこう。そして雨とどう仲良く過ごすか、、これからはそれが大切だ。


P.S. ー実は6月6日梅雨入り発表だったらしい・・・






プロフィール

CHIBI

Author:CHIBI
East Villageの"CHIBI"ニャン ♂。8/20 '08キックオフ。縄張り:日本ー米ー独。大切:長年の友、カメラ、 MAC、 テニスラケット、山登り-旅行-散歩用靴や鞄、車やMTB、コーヒーミル、落語、飲み食べる事、(写真暗室道具、ゴルフクラブとはお別れ)。訪問、コメント、リンクもね〜。

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード