fc2ブログ

にゃんこ 

道行くオイラを見つめるニャンコ

DSC_0034_20240408055634cb8.jpg

葡萄畑の番をするニャンコ

DSC_0041_20240408055637980.jpg

春らしい一日


昨日は暖かかった。天気が良くて気温も20度を超えて昔からの日本の春らしさのある陽気な1日だった。ちょうど桜も満開を迎えタイミングぴったりの桜まつりも開催されて大いに賑わったようだ。

去年はタイミングが悪く葉桜状態での桜祭りで、その前は3年間コロナで中止だったので、なんか久しぶりの祭りらしい祭りだったかもしれない。オイラは祭りそのものは横目で見て、駅前桜通りの桜を見て、中学校の桜を見、近所の桜も楽しめて大いに満足だった。

帰宅してマイバイクのカメジ2号を拭き掃除して空気を適量に充填し久しぶりに走らせてみた。いつもは軽量の便利なクロスバイクに乗っているので、ここのところめっきりカメジ2号はお休み中だった。白くほこりが目立ってたし自然に空気も少しずつ抜けていく。メンテが済んだら見違えるように逞しく見えた。

このカスタムメイドのバイクそのものはかなり重いが、一旦は走り出すとハンドリングはとても軽くギアも前輪2段、後輪10段でディスクブレーキ付きで坂道も走りがとても安定している。改めていいバイクだと分かった。ラジオ体操、ジム、テニス、ウオーキング、バイクで老化に負けずに楽しく毎日を維持していきたい。


大木のコブに座るリス

餌集めでもしてるのかな?

DSC_0021a.jpg

娘たちから正月挨拶の手紙をもらった


1月も早いもので半ばを過ぎた。もうすっかりいつも通りの日常を取り戻した感じだ。今年初めての、、ということはほぼ一通り済ませた。昨日は旧暦の正月で今は小正月と言われる。大正月が歳神様をお迎えすることに対し、1月15日の小正月は、豊作と家族の健康を願って行うものらしい。とりあえず今年も健康に過ごしたい。

アメリカに長年住む長女から正月の挨拶や近況、今年の抱負のようなものを書いた手紙をもらった。自作の料理の写真や庭や球根やウサギの写真などもあった。この手紙を書いた頃は例年より暖かかったらしい。写真の灰色のウサギは庭仕事をしてる時にいつもやってくるらしい。大きなクリスマスツリーと猫ちゃんのカットもあった。静かな正月を迎えたようだ。

その数日前に同じく長年ドイツに住む次女から手紙をもらった。中には次女が描いた干支の辰の絵手紙と、孫ちゃんが描いた元気そうな紅い椿の花の絵手紙があった。日本語で「元気でね」と書き添えられていた。メールと違ってこういう手紙はどちらもとても心温まるものだと思った。ありがとうの言葉が自然と口に出た。

ここのところ東京も毎日がかなり寒い。今日も最高気温でも7度にしかいかないらしい。コロナやインフルエンザの感染者も増えているという。オイラは昨日餅を入れたお汁粉を食べた。甘くて美味しかった。午後はMacで読書と散歩。帰りは夕方になって風が強くて一層寒かった。


渡り鳥グースの群れが雁行人を組んで飛ぶ

遠方に渡る時、空気抵抗を低める効率的な行人の扇形

DSC_0087_20231116055419fe4.jpg

ドイツ家族と暮らした3週間


ドイツの娘家族は共働きである。孫ちゃんたちは一人ギムナジウムの3年生の新学期を迎え第2外国語も学び始めた。日本流で言えなば中学1年生。ギムナジウム1年生(日本の小学5年生)から英語を学び、今度は第2外国語としてラテン語を選んだらしい。日本語は聞く事はほぼわかるが話す事は難しいし、書くのは漢字が大変のようだ。

もう一人はプライマリースクール4年生(日本の学校の小学4年生)になった。ドイツの教育のシステムの変更があり、英語を勉強し始めたらしい。上はギムナジウム1年生から始めることになっていたが下は2学年早まった。始めたばかりでまだよくわからないらしい。でも英語の宿題の文章問題の回答を見せてもらったがよく出来ていた。来年はこの子もギムナジウムに行く。

学校には二人とも上は朝7:15に下は7:45にキックボードで行く。大きくて重いカバンを背負っていく。旦那は8:00に出発だがテレワークも週に半分はある。娘は子育てもあって変則的な勤務体制にしてもらい子育てには支障がない様にしている。旦那も子育てにはすごく関心があり親子ともいい人間関係だ。

おかげで孫ちゃんたちはよく育ってる。勉強もスポーツもなかなか優秀だ。上は壁に水泳、トライアスロン、スキーのメダルなどいくつも飾ってある。下も月金が5時〜7時までサッカー練習で土曜日が近所の学校と試合というのが基本のようだ。こんなわけで毎日みんなとても忙しそうだった。


鳥の大群が空を埋めるほどに・・

一羽一羽はかなり大きそうだが、天高く飛ぶので小さく見える

DSC_0030.jpg

が飛んでるのがわからないくらいに小さく見えるけど・


フランス最東部の小さな街を散歩してる時に、下の孫ちゃんが突然大きな声で出して息を呑んだような顔をして空を眺めてた。オイラたちもびっくりして空を見たらこの写真のように上空高くを数えきれない胡麻粒のような点が動いてた。よく見るとの大群が全て同じように一定方向に向かって飛んでいる姿だった。こんなの見るのは初めてだった。

相当に高いところを飛んでいる。何万羽いるのかその大群がしばらく終わりなく続く。こちらはみんなで空を眺めて沈黙するのみ。せいぜい「お〜」「わ〜」「すごい」くらいしか出てこない。渡りで寒いところから暖かいところ?暖かいところから寒いところ?にでも移動してるのかな〜。7〜8枚写真を撮ってその一枚をMac上で拡大してみるとかなりしっかりした形の大きめのだった。

の名前はなんだろう?でも知識がないから何もわからない。その後しばらくして今度は大きいグースの群れがいわゆる大きな広めの雁行人をくんで反対方向に揃って飛んでいくのが見えた。これも結構高いところを飛んでいた。

これを見たのはいずれも11月2日の午後。映画や写真では今までよく見てきたものの実物をこうして見るのは初めてだった。以前アメリカでカナディアングースの大群を見た。これも広い地面が見えないくらいに数えきれないくらいに公園や草っ原を埋め尽くしていた。自然ってすごい。


餌をゲットしたロビン

最近家の周りでたちが綺麗な大声でよく鳴いている、、

DSC_0001_202307210534345dd.jpg

そろそろ関東も梅雨明けかな?


蝉の大合唱はまだ始まらないけど、昨日は夕方にケンケンゼミの鳴き声が東や南の方からよく聞こえた。かと思うと道路上でもうくたばっている小型のアブラゼミも見た。遠くの方で耳鳴りのように聞こえてくるセミの声もある。間も無く関東も梅雨明けかな?明ければセミの大合唱も間も無く始まる。今年の東京は空梅雨で雨が余り降らなかったけど日曜日くらいがようやくの梅雨明けかな?

今朝はいくらか涼しくて気持ちがいい。たまにこういう日があると自然と身体中に元気が湧いてくる。さて今日は何をするかなんて物事を前向きに捉えたりしてね。

今年の朝顔は4鉢作ったんだけど、種まきが遅かったので今やっと蔓が支柱に巻き付いてどんどん上に登りたがる。解いて横にも巻きつけて形よく巻き姿を作ってやろうというのが今の毎日の仕事だ。葉と茎の間に小さな蕾の元のようなのが見えるけどまだ開花は先のようだ。去年は今頃はもう咲いていた。種まきが今年より18日早かったしね。

絲山秋子さんの「ばかもん」が文庫本化されて出ていたので一気に読んでみた。若者の一部が少しわかったような気がした。しかし最近の若者はこの本が書かれた頃よりももっと大変なのかもしれないとも思った。家族のつながり、縦横の社会の繋がりが極単になくなってきてる。それがあれば不幸な事件ももっと減る気がするのだが。



プロフィール

CHIBI

Author:CHIBI
East Villageの"CHIBI"ニャン ♂。8/20 '08キックオフ。縄張り:日本ー米ー独。大切:長年の友、カメラ、 MAC、 テニスラケット、山登り-旅行-散歩用靴や鞄、車やMTB、コーヒーミル、落語、飲み食べる事、(写真暗室道具、ゴルフクラブとはお別れ)。訪問、コメント、リンクもね〜。

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード